スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あがり症とどもりや赤面の関係

あがり症どもり赤面の関係



あがり症になるのは特定の状況で発症すると考えられています。

たとえば、沢山の人を前にしてスピーチなどをする場合など人を相手にしたコミュニケーションを行う時に起きます。
そして極度の不安や緊張が引き金になって起きており、その緊張が続けば続くほど症状が強く出できます。そしてあがり症だけでなく赤面どもりなどの複数の症状を併発するほど重症になるケースもあります。

そのときにあがり症のかたが考えるのはあがってしまうから緊張し、実際に緊張してしまうと不安になりあがってしまう、という悪循環に陥ってしまうようです。「あがってしまったらどうしよう」と考えることが、更なる悪循環を呼んでしまっているようです。


また、あがり症だけでなく、赤面どもりなどの症状の原因は同じところにある、という考え方もあります。
あがり症で悩んでいる人がいるなら、人前で話をする時のことを注意深く振り返ってみましょう。


あがりや赤面に気をとられて気づかないこともあると思いますが、言葉が出にくかったり、詰まってしまったりということもあるでしょう。
同時に手足が震えたり、冷や汗をかいていたり、動悸が激しくなっていたりすることもあるかもしれません。


このようなことを考えれば、どもり赤面を克服することが、あがり症を克服することになるようです。

theme : 自分にできる事から
genre : 心と身体

tag : あがり症 どもり 赤面 あがり症克服 ストレス

最近の記事
カテゴリー
スペシャルリンク
リンク
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。