スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

催眠療法とは

催眠療法とは



催眠療法とは催眠状態にして、あがり症などの原因となる心理的な原因を解明して治療する方法ですが、医療行為ではない方法です。(医者以外が行うということもあるので)


催眠療法の歴史は意外に古く、1958年に米国医師会に正式にされました。その後、べトナム戦争で心を病んだ帰還兵の治療として脚光を浴びて、そのことをきっかけに催眠療法は発展を遂げてきました。
現在、催眠療法は医療現場でも精神医学の治療に有効であると認められて、科学的根拠も明らかになるなど、進化を遂げています


基本的な催眠療法の流れとしては、そのクリニックによって違うのですが、一般的な流れは次のようになります。まずカウンセリングを行い、悩みの相談、催眠状態の説明などを行って、事前に患者さんの不安や疑問点などを解消していきます。


そしてそれが終わると少しの休憩をはさみ、催眠療法に入ります。まずはリラックスした姿勢で椅子に座って、全身をさらにリラックスするようにします。十分にリラックス状態に入ったら、深い催眠状態へと誘導していき、悩みや心の問題点を探っていきます。


その後、催眠状態から元に戻し、再びカウンセリングをおこないます。カウンセリングの内容は催眠療法中に感じたこと、自分の発した言葉などをカウンセラーから聞いて現在の悩みの答えなどを、あらためて考えて行くことで、心の悩みや不安などを解消していきます。


theme : セラピー&ヒーリング
genre : 心と身体

tag : 催眠療法 あがり症 あがり症克服 緊張克服 心理療法

最近の記事
カテゴリー
スペシャルリンク
リンク
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。