スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森田療法

森田療法



森田療法とは心理療法の一つで森田正馬という人が1920年に作ったという日本製の精神療法のことです。森田療法は心理的な要因が原因とされる病気に対して行われます。対人恐怖や広場恐怖などの恐怖症(これらはあがり症に分類される)強迫神経症、不安神経症(パニック障害、全般性不安障害)、心気症などを治療するものです。


森田療法の基本は入院治療でありますが、外来治療が行われることもあります。(慈恵医大で治療を行っており、外来診療も行ってるそうです)。


森田治療の要点を一言で言えば、あがり症などのような精神的なものに対して、とらわれるのではなく、自然に従った心のあり方(=あるがまま)を受け入れることという考え方になります。それは具体的にはどのようにあがり症などの克服に結びつけるかといえば、不安や恐怖心など、心や身体にわく自然な感情や症状をなくそうとするのではなく、そのまま、あるがままにしておくという心の持ち方を治療を通じて体得するということになります。


たしかにあがり症を克服しようと思って、たとえば人前でしゃべるときに緊張しないようにしようとしても、意識しすぎて悪循環になってしまうことがあります。軽いあがり症の人ならばこういったことを意識しただけで克服できるかもしれません。


森田療法に興味がある方は、書籍や、ネット上に専門サイトがあるので、そちらを見て回るのもいいかもしれません。

theme : ポジティブでいこう!
genre : 心と身体

tag : あがり症 あがり症克服 向精神薬 心理療法 森田療法

最近の記事
カテゴリー
スペシャルリンク
リンク
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。