スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あがり症について

あがり症について


あがり症というのは昔から治すのは難しい病気とされてきました。しかし、
あがり症は単なる身体の癖であり、生まれつきや成人してから発症した病気や障害ではない、ということを頭に入れておきましょう。

あがり症の症状は、成長とともに周囲の環境から作られていくものなのです。なぜなら、後からあがり症になったひとも、生まれてからあがり症であったということはないのです。生まれつき「あがり症」である人は皆無です。

そして、あがり症は神経や脳の障害が原因とされる自閉症や精神病ともまったく異なったものです。


あがり症の原因には様々ありますが、あえてあがり症の原因を突き止めるならば、幼児期におけるストレスや情緒不安であるかもしれません。

たとえば、人見知り程度で幼児期にはあがり症という症状は出ずに済んでしまって、本人も周りの大人もまったく気づいていないで幼少期から小学校卒業まで過ごし、思春期以降の多感な時代に強いストレスを受けると次第にあがり症の症状が出てくるといわれています。

そして、それが習慣化してしまうくらい身体の癖になってしまうのがあがり症が作られるメカニズムなのです。

theme : 壊れそうな心
genre : 心と身体

tag : あがり症 あがり症克服 あがり症の原因 ストレス

最近の記事
カテゴリー
スペシャルリンク
リンク
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。