スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

β遮断薬でのあがり症克服

β遮断薬でのあがり症克服



β遮断薬によるあがり症の克服方法があります。β遮断薬とはどのようなものなのでしょうか?β遮断薬はもともと高血圧や狭心症、不整脈や心筋梗塞を予防する薬として広く用いられてきました。

1960代に心理面に対する効果について研究され、あがり症など社会不安を克服することが証明されました。
その後、研究が重ねられ、現在では、動悸や震え、口の渇きや発汗などのあがり症を克服する薬として使用されるようになってきました。


β遮断薬は身体にどのように作用するのでしょうか。

あがり症では発汗や口の渇き、動悸などの症状が見られますが、β遮断薬にはこの症状を抑える働きがあります。

その仕組みはどのようなものかといえば、私たちの身体の器官には「β受容体」と呼ばれる微小な部分が備わっており、β受容体ではノルアドレナリンやアドレナリンなどの神経伝達物質が作用して、発汗や口の渇き、動悸などを引き起こしているのです。

そこでβ遮断薬を服用すると、β受容体でのこれらの物質の働きを抑えることができるのです。



β遮断薬はどれほどの効果があるものなのでしょうか?

即効性の高さでβ遮断薬は知られています。

バイオリン奏者に対する興味深いβ遮断薬の実験結果があります。

演奏の数時間前にβ遮断薬を服用したことによりバイオリン奏者の「あがり症」の症状が克服され、「手の震え」が抑えられたのだそう。そして手に震えが抑えられたことにより、演奏の質まで向上したようです。

しかし、ここで注意しなければならないことは、あがり症の症状が和らげられただけで、演奏者の能力が高まったというものではないことです。

β遮断薬を服用する前に、このことはよく理解しておきたいものです。

theme : 日常
genre : 心と身体

tag : あがり症克服 β遮断薬 社会不安

最近の記事
カテゴリー
スペシャルリンク
リンク
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。