スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エクスポージャー法の実践例

エクスポージャー法実践





実際にエクスポージャー法実践していくのですが、そのときに大切な実践ポイントがあります。

エクスポージャーを行った後は、その結果を細かく評価することすなわち、結果を細かく評価して、あがり症を段階に分けて克服していくのです。
このときに重要なことは最初の目標を決して高くしすぎず、小さな目標から段階的に上げていくことが重要になってきます。

小さな目標から積み上げていくのはどのようにすればいいのかというと、
例えば、人前に出て話をすることがまったくできない人に対して「十分間落ち着いて冗談交じりに話をすること」という目標を設定することには無理があります。


あがり症に悩む人が、自分のエクスポージャーの結果を低く評価してしまい、さらに自信を失ってしまうことにもなりかねません。

このような場合に適切なエクスポージャーは最初の目標は「小さな声でも構わないから質問してみる」とか「他人の意見に対して賛成の意思を上手に示す」ということぐらいが妥当でしょう。



このような経験を積み重ねることによってあがり症に対する不安が少しずつ和らいでいくことでしょう。
落ち着いて話ができるようになるには、もっと経験を積んでから、段階的に挑戦していきます。

長い時間をかけて最初に設定した目標が達成できる頃になると、目標で設定した以外のことについても自発的にエクスポージャーできるようになってきます。


このように少しずつ低い目標から慣れていくことが、エクスポージャー法実践ポイントになります

theme : わたしの心
genre : 心と身体

tag : エクスポージャー法 実践 評価

最近の記事
カテゴリー
スペシャルリンク
リンク
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。