スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あがり症になりやすい性格

あがり症になりやすい性格




あがり症になりやすいタイプというのはどういう性格の人のことを言うのでしょうか。性格の前に日本人の特徴として恥ずかしいことを極端に怖がる性格が挙げられます。とくに日本人は集団行動を重視する社会になっているので、多くの日本人が人間関係が崩れるイコール社会的に大きなダメージがあると思っています。


このことから見ると、あがり症の症状の原因のひとつとして、人からどのように思われているのかをきにしすぎることがありますが、日本の社会環境はあがり症を誘発しやすい環境にあるともいえます。


このため性格的に変な強迫観念にとらわれてますますあがり症になってしまうことも考えられます。人によってはここで開き直ってしまってあがり症の原因を自ら解決してしまうこともありますが、それはごく一部の人かもしれません


多くの人はこの強迫観念の救いのために、何とかして悩みを改善しようと考えます。身近な行為を挙げると、私もそうでしたが、まず本屋に行ってあがり症の克服の本や、心理カウンセリングの本を買いに行って読んだりするものです。


しかし、このようにしてもあがり症を克服できたという人はまれで、逆に悪くなってしまう人もいるそうです。そのために、森田療法などによって、何かに依存するのではなく、受け入れることが、つまりあがり症の性格の自分を受け入れる療法がいいと指摘する専門家もいます
スポンサーサイト

theme : 心のつぶやき
genre : 心と身体

tag : あがり症性格 あがり症克服 日本人あがり症 心理療法 あがり症の原因

あがり症のための病院は?

あがり症のための病院は?




あがり症で病院にいきたいと思ったときにはどこに行けばいいのでしょうか?精神科?診療内科?などどこに行けばわからないですね。友人や家族に聞いてもわからないというのが多くありませんか?



あがり症で病院にいきたいと思う場合には必ず心理療法士がいる病院に行きましょう。なぜなら心理療法氏がいないと、単に薬だけを処方されるだけで、あがり症治療に大事な精神的な治療がなされないで終わってしまうからです。


心理療法士のいる総合病院の精神科外来、精神科クリニック、心療内科などに行くのが適切です。
また薬を処方されることもありますが、薬による治療法だけではなく、カウンセリングなども併用して薬に依存せずにあがり症を克服していくことも重要になってきます。


theme : 不安定な心
genre : 心と身体

tag : あがり症克服 あがり症病院 あがり症緊張 あがり症の原因

自己催眠療法であがり症克服

自己催眠療法あがり症克服




あがり症を何とかしたいといっても、カウンセリングに継続的にいったり、催眠療法のように本格的な治療を受けるという方法もありますが、費用や時間の面で工面しにくいのも事実ですね。そんな方ために催眠療法を自分でやる自己催眠用法があります。


自己催眠療法とは、その名の通り、自分自身で催眠状態を作り出すことのことを言うのですが、ここでの催眠状態とは、起きている状態で、無意識に言葉が入りやすい状態のことを言います。
また一般的に言われる催眠と違って、催眠中に自分をコントロールすることもできるのが自己催眠療法です。


そして無意識に言葉が入りやすい状態にして、暗示をかけるのがこの自己催眠療法という方法です。


自己催眠療法を学ぶのにはいろいろな方法があります。まずは少し大きめの本屋やアマゾンなんかで自己催眠誘導CDがついている本が売られているので、それを買って、自己催眠療法を学ぶということが出来ます。


また実際に催眠療法を行っているカウンセラーが自己催眠療法を教えている場合もあるので、そういったカウンセラーのところに行って、学ぶということも出来ます。この場合、書籍で学ぶよりもかなり割高になります。(クリニックによりますが2~3時間で3~5万円のところが相場のようです。)



しかし、重度のあがり症の場合などを自分で自己催眠療法で治そうと思って実行すると、場合によっては性格分裂などを起こす場合があるので、心当たりのある人は一度医師に相談してからにしましょう。

theme : 心と体にいいことはじめよう!
genre : 心と身体

tag : 自己催眠療法 あがり症克服 緊張 克服 あがり症の原因

催眠療法とは

催眠療法とは



催眠療法とは催眠状態にして、あがり症などの原因となる心理的な原因を解明して治療する方法ですが、医療行為ではない方法です。(医者以外が行うということもあるので)


催眠療法の歴史は意外に古く、1958年に米国医師会に正式にされました。その後、べトナム戦争で心を病んだ帰還兵の治療として脚光を浴びて、そのことをきっかけに催眠療法は発展を遂げてきました。
現在、催眠療法は医療現場でも精神医学の治療に有効であると認められて、科学的根拠も明らかになるなど、進化を遂げています


基本的な催眠療法の流れとしては、そのクリニックによって違うのですが、一般的な流れは次のようになります。まずカウンセリングを行い、悩みの相談、催眠状態の説明などを行って、事前に患者さんの不安や疑問点などを解消していきます。


そしてそれが終わると少しの休憩をはさみ、催眠療法に入ります。まずはリラックスした姿勢で椅子に座って、全身をさらにリラックスするようにします。十分にリラックス状態に入ったら、深い催眠状態へと誘導していき、悩みや心の問題点を探っていきます。


その後、催眠状態から元に戻し、再びカウンセリングをおこないます。カウンセリングの内容は催眠療法中に感じたこと、自分の発した言葉などをカウンセラーから聞いて現在の悩みの答えなどを、あらためて考えて行くことで、心の悩みや不安などを解消していきます。


theme : セラピー&ヒーリング
genre : 心と身体

tag : 催眠療法 あがり症 あがり症克服 緊張克服 心理療法

人前でのあがり症克服方法

人前でのあがり症克服方法




人前に出るとどうしても上がってしまうという経験は誰でもあるものです。人前でのあがり症をその場で克服するテクニックにはどのようなものがあるのでしょうか。たとえば、人によっては間が開くうちに上がっていたのが慣れてしまったというひともいるそうです。


この間を空けるのはなかなか難しいですが、しゃべる前にゆっくりお辞儀をする、ネクタイなどを直すフリをするなどである程度なれるための時間を稼ぐということも出来ます。また、不安であがってしまいそうなときには何かをつかんで握り締めておくという手もあります。何かにつかまっていると比較的不安な状態から改善されることがあるので、鉛筆や台本、しゃべるためのマイクをつかむなど、つかむものをあらかじめもってからしゃべりだすのもいいかもしれません



あがり症は、自分の立場を意識の中心に置いていると起こる可能性が高いといわれています。なので、自分が主役だということを忘れるために、話す内容に集中することや、話すのは人ではないと意識の上だけで思い込む。またしゃべる前にイメージで聴衆全体を飲み込んでしまったというイメージトレーニングをしてみるのもいいでしょう


theme : 病気と付き合いながらの生活
genre : 心と身体

tag : あがり症 あがり症克服 克服

最近の記事
カテゴリー
スペシャルリンク
リンク
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。