スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

回避行動とあがり症

回避行動あがり症



あがり症を克服しようと思ったら、苦手なことにも少しずつ慣れていかなければならないですが、その苦手なことを避けることを回避行動といいます。


その回避行動には大きく分けて2種類あります。

それは状況からの回避と回避できなかった行動からの逃避という回避行動です

状況からの回避です。これは、あがってしまう状況にあえて身を置かないことをさします。
たとえば、同僚と一緒に食事に行かないとか、パーティーに出席しないなども回避行動の1つであるようです。

回避できなかった行動からの逃避、というのも回避行動です。

例えば、出席してしまったパーティーで他人とコミュニケーションしないとか、発言しないという行動です。

回避行動を繰り返していると、回避行動が習慣化されていき、習慣化されると、次の段階では回避行動の度合いがひどくなっていく場合もあります。
こうなるとあがり症を克服するどころか、症状はますます重くなっていきます。


こういった苦手な状況に立ち向かうためには「エクスポージャー法」が有効な手段です。
エクスポージャー法は1人でも実践できる方法ですので、1度チャレンジしてみてみるのもいいでしょう

スポンサーサイト

theme : 心と体にいいことはじめよう!
genre : 心と身体

tag : 回避行動 エクスポージャー法 あがり症 あがり症克服

あがり症の症状

あがり症の症状




あがり症の典型的な症状としては人前に出ると過剰に緊張してしまい冷や汗が出てしまったり、顔が赤くなったりしてしまうなどが挙げられます

大勢の人を前にすると言葉が出てこずに上手に話せない、視線が気になって食事ができない、手が震えて字を書くことができない、という症状もあがり症です

しかし、重度のあがり症になってしまい、社会に適応できず、家に閉じこり会社や学校に行けない人もいるようです。

あがり症があると、どうしても、緊張してあがってしまうのを恐れて、おのずとそのような状況に自分を置くことを避けてしまい、しだいに人と関わることを避けるようになってきます。


そのような環境が続けば、自分の世界に閉じこもるようになり、社会から隔絶してしまうのです。

こうなってしまうと悪循環で、人とコミュニケーションできないことが、さらにあがり症の症状を悪化させてしまうのです。

家に閉じこもり、他人とのコミュニケーションを自ら絶ってしまうような人は、専門の医療機関に相談してあがり症を克服すべきでしょう。

健全な社会生活を営んでいくためには、人とのコミュニケーションが不可欠です。

theme : ポジティブでいこう!
genre : 心と身体

tag : あがり症 あがり症症状 コミュニケーション 緊張

あがり症について

あがり症について


あがり症というのは昔から治すのは難しい病気とされてきました。しかし、
あがり症は単なる身体の癖であり、生まれつきや成人してから発症した病気や障害ではない、ということを頭に入れておきましょう。

あがり症の症状は、成長とともに周囲の環境から作られていくものなのです。なぜなら、後からあがり症になったひとも、生まれてからあがり症であったということはないのです。生まれつき「あがり症」である人は皆無です。

そして、あがり症は神経や脳の障害が原因とされる自閉症や精神病ともまったく異なったものです。


あがり症の原因には様々ありますが、あえてあがり症の原因を突き止めるならば、幼児期におけるストレスや情緒不安であるかもしれません。

たとえば、人見知り程度で幼児期にはあがり症という症状は出ずに済んでしまって、本人も周りの大人もまったく気づいていないで幼少期から小学校卒業まで過ごし、思春期以降の多感な時代に強いストレスを受けると次第にあがり症の症状が出てくるといわれています。

そして、それが習慣化してしまうくらい身体の癖になってしまうのがあがり症が作られるメカニズムなのです。

theme : 壊れそうな心
genre : 心と身体

tag : あがり症 あがり症克服 あがり症の原因 ストレス

最近の記事
カテゴリー
スペシャルリンク
リンク
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。